So-net無料ブログ作成

人妻がおもうこと

私はまさかの再独身になる前は、約7年間主婦だったゆえ、その間は人妻感覚で特に新しい異性の友達を作る主体的な意識はなく、離婚直後はまるで浦島花子状態で世の中に放り出されたような次第。

そしたら、年代的な世情>独身事情がすっかり変わっていて愕然とした!

もう主婦友とは主要な接点がなくなっちゃって、家庭という拠点(一応安住地)も失ったから、彼女達と同じペースではいられない。

で、新旧の独身友人達との交流を図る。
ここ数年は婚活して、久しぶりに同世代の独身男性とふれあった。

これまでは、離婚トラウマの回復途上だったこともあると思うけど…正直、新しく友達になったずっと独身のアラフォー以上の面々の大半はクセがある、というのが率直な感想。
あくまで大半で、例外もいる。だけど少数で、そう頻繁に交流できないから人手不足感?あり。

個性的な友達としては面白い。
でも特に異性の場合は、残念ながら友達以上の気持ちにはなれない…。
結婚生活経験上、この人と一緒に生活はしていけないな、と思ってしまう。
ある程度の距離を置けるからこそ交流できる感じ。
結婚相手は誰でもいいわけじゃないし。

四十路ともなると、それまでの成長過程次第で、よくもわるくも人格形成が固まって独自性が際立つ人もいる。

恋愛等で深い/濃い人間関係を通して揉まれないと、人の気持ちに鈍感で一人よがりになってコミュニケーションがとりにくかったりする。

私が遭遇したお見合い相手他のアラフォー独身男性は、実に起伏に富んださまざまなタイプで仰天することが多かった。
失礼ながら、だからずっと一人? (って、私も今は一人じゃん!)

同年代男性って、こんなにクセモノだったっけ?
20代の頃はそんなにギャップ感なかったんだけど、やっぱり歳のせい?
気が合う人ばかりで集まっていたのかな。
そして、今は気が合う人との出会いがなかなか難しいのかな。
独身絶対数も少ないし。

とにかく、同年代でも個性や精神年齢にすごく開きが出てきたのを痛感する。
20年近くの生き方/積み上げられた経験ひとつで、だいぶ違ってくるんだね。

そりゃ、なんでも自分の思う通りにはいかない(特に人が絡む事)けど、結婚を考えるなら人づきあい/コミュニケーション向上は大切だと思う。
いろいろな夫婦のあり方があるにせよ、人間に興味<愛情がないと、結婚生活の維持は難しい。
夫婦は人間関係の最少単位だし。

ってことで、今から新しいアラフォーの気のおけない親友を作るのは難しく感じている私。なんだか利害のニオイを感じてしまう。
それで、気晴しの友達止まりになってしまいがち。でもそれじゃ、ちょっと悲しい。

違いを感じすぎると、たまの刺激にはいいけど、四六時中は落ち着かない。

やっぱり、七割以上は心地よくスッと気持ちが通じる人がいい。
それってフィーリング?

以上、平凡なアラフォー独身の交友~恋愛事情の厳しさをヒシヒシと実感している。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。